2004年12月27日

社長になるために習慣づけること!

孫家の遺伝子
』を読みました。この本は孫正義の弟が書いた本です。孫家の教育法、彼の起業するまでの歩みを書いたものです。彼は正義という偉大な兄をもったためかとても謙虚です。ってかむしろ自信ない感じです。自信満々な堀江社長とは対極的で、起業家には自信満々な人が多いので新鮮な感じっす。

■普通の人と孫家の人との違いはどこにあるのか?
自分に勝てるかどうか。「大学受験のとき、一日18時間勉強することにした。18時間の根拠は、人間には6時間の睡眠時間が必要だからというだけ。」この言葉が象徴しています。本気になったら全力で取り組む、甘えないかとが大事。孫泰造はこのときの経験が自信になり、起業することを決意しました。自分に勝つ経験を重ねることが自信につながり、その自信が挑戦を生みだし、その自信に基づいた挑戦が成功を生み出す。なんかイイコトバですね(笑)。僕が今から起業するためにすべき事は、自分に勝つという経験を積み重ねること。小さくていいから、自分に勝つ経験をいっぱい積み重ねたい!

■どんな自分に勝つ経験をする?
どうせなら起業家に直結することをしなくては。1日1冊本を読むことにしよう!そしてその本で得た事を必ずレポートにする!どんなに短くてもいいから。今、目標を立てました。これを達成したら、社長に一歩ちかずく気がする。

起業をめざす人のブログです!
posted by こてつ at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業するために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。